メイコのネットビジネス思考回路

メルマガアフィリエイトで30万以上稼ぎ続ける考え方

メイコがのんびり幸せ生活を送れる理由

 

こんにちは、メイコです。
ここ数年の企業と雇われている側の人間のトラブルが悲しいほど多いですよね。

 

・勘違いな上司や先輩からのセクハラまがいな行為

・度を越した暴言や精神的な苦痛を与えるパワハラ

・労働基準法に明らかに違反しているのに黙認される重罪な残業

 

こっちが何も言えないことを利用して
搾り取れるだけ時間を搾り取ってタダ働きさせてやろうって会社が
どんどんネットやSNSを通じて明らかになってきました。

 

中には、悲しい事件で発覚するケースも
全国でどんどん発表され続けています。

 

 

 

そんな異常な社会から抜け出した人達が
次々とネットの住人になって自分らしい生活を取り戻しています。

 

 

労働した分だけお金を頂くという形から
作業した以上のお金を自分で稼ぐという形へ。

 

1ヶ月分の生活費を1ヶ月分の労働でまかなう形から
1ヶ月分の生活費を1週間の作業でまかなう形へ。

 

何のためになぜその業務をしているのか見えない仕事から
相手のために精一杯喜んでもらうための仕事へ。

 

 

世間の価値観や常識にとらわれずに
広い世界でものを観た時、人生を振り返った時

どうしてもこのまま奴隷のような生活のまま人生が終わることに
納得しなかった人達がこぞってネットの世界へ進出して

新しい道を切り開いてくれました。

 

それが、だいたい2000年前後の話です。

 

 

その恩恵を、わたしも受けていますし
わたしにネットビジネスを教えてくれた先生も

そしてその先生の先生も、同じように同じ道を辿って
自分の生きたい人生を今日も涼しい顔をして過ごしています。

 

 

なぜ、ネットの世界に救いを求めたのかというと
ネットの生活スタイルに標準を置くことで

 

生きる上で一番不安な『お金』の心配が軽くなるからです。

 

 

お金は大事ですよね。
お金がないと、ご飯も買えないし、部屋も借りれない。

こうしてネットを見ることもできなくなるし
生きる上でお金は絶対に必要なものです。

 

でも、そのお金のために
人生をすべて捨ててまで働いている人が
この世の中には大勢います。

ほんの数%のホワイトな企業だけが正常で
大多数の企業は不況だから、経営難だからと

労働者を何十時間も拘束し続けて
給料以上の作業をたっぷりと押し付けてきます。

 

雇われるしか道がないと思い込んでしまうと
どれだけ過酷な職場でも耐えようとしてしまう。

 

自分の大事な人生の時間を
永遠に企業に捧げ続けながら

わずかなお金を貰うことに必死になるしかありません。

 

 

 

でも、ネットの世界では
時間という概念がほぼ存在していません。

 

 

24時間365日ネットは動き続けているので
ブログがある限り、報酬は勝手に発生していきます。

 

お店のようにレジ係もいなければ
接客する人間もそこには必要ない状態です。

 

つまり

仕組みさえ作ってしまえば
あとはいくらでも充分な休息を取ることが出来ます。

 

誰に何を言われるでもなく
自分の心と体が満足するまでゆったりと
フカフカのお布団に包まれて眠れるなんて

普通のことなのに、贅沢に思えませんか。

 

お金の不安をなくして、精神的な安定まで確保できます。

 

 

 

そして、

労働で奪われ続けていた『時間』の制限がなくなります。

 

雇われる人間からしてみれば
「雇ってもらっている」という恩義を感じてしまいます。

 

「おい君、ちょっと残業頼める?」と言われれば
「いえ、帰ります」とは言えずに
ズルズルといつまでもエンドレスな労働を強いられてしまう。

 

本当は帰って新作のゲームをやりたいし
彼女が手料理を作って待ってくれていたり
今期楽しみにしていたアニメが始まる時間だったり

 

 

唯一の楽しみだったものさえも
たったひと声で奪われても仕方ないと納得して
どんどん闇が深くなる中、夜食を食べながら
ひたすら耐え続けるしかありません。

 

しかし

 

ネットの場合は24時間休まず動き続けているので

あなたが寝ていても、ゲームしていても
彼女とデートしていても
アニメを連続で何話見ていても

 

問題なくお金を生み出し続けてくれます。
だから時間的な制限を受けずに、24時間フリーです。

 

いくら頑張ってお給料を貰っても
それを使える時間がなければ

一体何のために働いているんだろうと
悲しい気持ちになってきますよね。

 

人の扱いが下手くそな上司がいると
その苦労や悲しみにプラスして虚しささえ感じる。

わたしの場合はそうでした。

 

 

 

 

最後に

ネットでお金を稼ぐ方法を学んでいくと

今までの仕事では、あまり感じた事のない
人とのつながりを強く意識できるようになります。

 

意外じゃないですか?

 

ネットの世界は、嘘や誹謗中傷だらけで
ろくでもない方法で稼ぐと思っている人もいるかもしれません。

 

しかし

わたしにお金を払ってくれる人に
一度もそんなひどい言葉を言われたことはありません。

むしろ、喜んでくれたり
お礼を言ってくれたり、感謝されることしかありません。

 

つまりこれは

仕事にとって一番重要部分な『やり甲斐』に繋がります。

 

会社の仕事やバイトの場合は
頑張ったり、お客様に喜んでもらえても

自分のお給料に変化があるわけではないですよね。

 

・せっかく満足してもらえるまで接客したのに
・何時間も残業してようやく完成させたのに
・喜んでもらえるように配慮したのに

 

直接、自分の対価として返ってくることはほぼ無いです。

 

 

 

やり甲斐をまったく感じられない代わりに

逆に大きなストレスとなって
自分に跳ね返ってくることさえあります。

 

 

本来なら

やり甲斐を直に感じながらしかも、相手の笑顔に繋がる。
喜んでくれた対価としてお金が発生する。

 

これこそ、最高のやり甲斐だと思うんですよね。

 

心とか気持ちとかで誤魔化さずに
きちんと評価されるべきだし、そういう向上心があるからこそ
仕事への意欲もどんどん湧くものですよね。

 

 

 

 

ネットの世界では
自分の能力だけでお金を稼ぐことが出来るだけでなく

この先の40年後まで
ずっとあなたの人生そのものを支えてくれます。

 

手に職をつけるようなもので
頭に知識を取り入れて、どの時代にも順応しながら

いつだって少ない労力で
大きな金銭的な余裕と、時間と、やり甲斐を得られる。

 

 

本当に自分の人生を取り戻したいと思うなら
やらない手はないです。

 

企業の言いなりになって労働を続ける一人になってしまえば

お金も時間もやり甲斐も
一度に手にできる環境なんて二度とやってこないことは

あなたが一番知っているんじゃないでしょうか。

 

 

かつてのわたしが、そうだったように。

 

もし本気で、自分の人生に満足していないなら
次に解説するネットの世界で何が起きているのかを

じっくりと覗いてみてください。

 

なぜ、初心者でも成功できるのかを
あなたの不安が取り除けるまでしっかりお話しています。

 

Return Top