メイコのネットビジネス思考回路

メルマガアフィリエイトで30万以上稼ぎ続ける考え方

ぶっちゃけ「やっかいな読者・購入者」にどう対処すべきか

こんにちは、メイコです。

ブログとかメルマガをやっていると
「他人と関わること」を仕事にしているのと同じなので
そりゃ自分と気の合わない人や失礼の人もいっぱい居ます。

そんな中である種の『主導権』というか
こちらが教える立場ですよ、を

分かってもらわなくちゃいけないわけなんです。

 

普通に考えたら

企画を作って(アフィリエイト商品を紹介して)
紹介するのは自分なんだから

自分のもとに集まってくれる人というのは基本的には
大事にしっかり守りながら育ててあげなくちゃいけません。

 

そういう気持ちを持っていると
相手にもちゃんと伝わるし、頑張る!って答えてくれます。

 

が、ごくごくまれに・・・

「おう、俺様が買ってやったんやぞ」的な
質問メールも連続で何回も送ってきたり
じゃっかん上から目線の人っていうのも出てきちゃうんです。

 

 

これはもうね、しょーがない。

 

 

本当なら、購入される前に切るべきなんですが

※切り方はステップメールとかメルマガでの教育で
何とか振り落とされるようにしていく。

それでもなぜか自分から購入してしまう人っているんですよね。

 

こういうのはちょっと困る。

上から目線で挨拶もできんような人に
一生懸命指導していこう!って思えないですよ。人間だもの。

 

さらに、その中でも

ガンガンメールを送ってくる『他力本願』タイプの場合だったら
これはもう本当に面倒くさいので気を付けて。

 

 

メールを送ってくるのが悪いというわけではなくて
悪い要素はその『内容』です。

 

例えば

ブログにアクセスがないからブログ見てくください。
→ URL

みたいなポーン!と丸投げしてくる。
これはイカン。

 

「こういう内容でブログを書いているんだけれど
アクセスが伸びない理由が知りたいので
ブログを見てもらえないですか?」

と、頑張りたいポイントと理由を書く人は
ちゃんと成長したいと思っている気持ちがある人。

 

そして、お返事したらちゃんと返信も来て
さらにここを集中して修正していこうと思います、など

なぜ、どこがどう悪くて直すべきだったのかを
きちんと自分で考えてアウトプットして
そこへ向かって頑張ります、と言える人は問題なく進んでくれます。
(大抵の場合は。)

 

ただ、ここがアドバイスに対して何ら返信もしないまま
また間を置いて質問してくるような人は
結構『話が通じないタイプ』だと認識しておく必要があります。

 

話が通じない=何を言っても聞く耳を持たない です。
要するに本人は自己満足して終わっちゃってる状態で

質問→アドバイス貰った、ああ良かった。

後日
質問→アドバイス貰った、ああ良かった。

さらに後日
質問→アドバイス貰った、ああ良かった。

↑↑↑
冗談じゃなくて本当にこの無限ループしちゃうんです。笑

 

ココまで来ると、もうビシっと伝えるしかないです。

「前回のアドバイスをどう活かしましたか?
自分の頭で考えて答えを導き出さないと終わらないですよ。」と

 

ここで気づいてくれる人は結構多いです。

 

「あ!いけない、本当に全然アドバイス実践してなかった!」

と自分で反省してじっくり考えて実践してくれるようになります。
だから、ここでビシっと伝えるのはとても大事です。

 

 

傲慢な人、上から目線の人とは戦ってはいけないです 笑

むしろ相手の懐に飛び込んでしまえば
スルッと言うことを聞いてくれるようにもなります。

褒めるってことですね 笑

褒められると嬉しいからちょっと心に余裕ができる
そうすると相手も気を許して言葉を受け入れやすくなります。

 

 

でも上から目線の人にこっちから頭を下げて
褒めに入るって毎回できることじゃないですよね。

(特にわたしの場合は喜怒哀楽が激しい人間なので 笑)

(自分の)機嫌の良い日は上手に切り替えせても
(自分の)機嫌が最悪な人はムカついちゃってしょうがなくなる。

 

人間だもの(2回目)

 

ということで、この場合の正解は

『感情的にならない』ことです。

 

感情的にならない=正論を淡々と述べていく

相手を怒らせるでも褒めるでもなく
ただただ、こうだからこうです。と伝えていくと
「やり過ごす」事はできます。

 

やり過ごすだけなので
まだまだ居座る可能性大なんですが・・・。

 

 

こうなるともう学校の先生みたいですよね 笑

「困ったな~この子をどう指導すれば真面目に更生してくれるだろう」みたいな。

 

 

 

わたしが出した最終的な結論は

「もうマニュアル作って渡してしまう」ことかなぁ、と思いました。

 

これはつい最近分かったことなんですが

「いっぱい勉強したとしても
それをどうアウトプットすれば良いのか分からなかった」

と言われたことがあったんです。

 

「そうなんだ!!」と

ビックリしちゃったわけなんですが
自力でたどり着ける人と、そうじゃない人がいるのは当然なので

基本となる手順書、手引書、マニュアルって
かなり重宝されるみたいなんですよね。

 

ちょうど、その時作ってた企画が
「マニュアルに沿って進めてください」というもので
マニュアル型というのははじめて作ってみたものだったのですが

まあ~好評でした。

 

自分の読者へ向けて
「どうすれば取り組みやすく、壁にぶつかりにくいか」を
どんどん提供し続けていければ

より良い関係性を継続しながら
末永く一緒に成長していけるようになる、ということですね。

 

 

というわけで今回は

ぶっちゃけやっかいな読者・購入者に対して
どう対処すべきか?について

ふわ~っと書いてみました。

 

人と人なんで結局はハートの問題ですが
あくまで成長させ続けることがわたしたちの役割なので
そこは手抜きしちゃイカンですから

頭悩ませながらがんばりましょ~~~

 

ではでは

メイコより。

Return Top