メイコのネットビジネス思考回路

メルマガアフィリエイトで30万以上稼ぎ続ける考え方

初心者がネットビジネスで稼げなくなる思考と行動の原因

こんにちは、メイコです。

今日はちょっと初心者の稼げない理由についてお話します。

ついさっき思ったことがあったので
忘れないうちに伝えておこうかなとおもいまして。

 

まず、初心者のうちって稼げてない状態ですから不安になるのは当然です。
そこはもう切っても切り離せないので割り切っていきましょう。

不安はある、誰にでもある。
わたしにもあったし、他の人も同じです。

だからこそ、色んなサイトを覗いて情報収集し始めますよね

・まずはブログに何を書けば良いのか?とか
・集客するにはどうすればいいのか?どんな方法が有効か?
・ツイッターに新しい良い情報はないか
・稼いでいる人が何か良い事を呟いていないか?
・某大型掲示板をのぞいであの教材はどうだとかこうだとか
・とりあえずそれっぽい人のメルマガを全部登録してみたり

まあ、ありとあらゆる場所からこうやって
どどどど~~~~っと一気に情報をかき集めようとします。

不安だから、それを解消したいんですよね。
わたしも上記のことをほぼ毎日のようにやっていました。

 

で、ある日ふと思ったんですが

これって一歩も前に進んでないんですよ。

 

ただ、情報収集をして満足して寝る。
「ああ今日もいい情報いっぱいあったな」という自己満足で
お腹いっぱいになって何も行動せずに寝る。終わる。

こうしてようやくブログに1記事書いてみたり
ツイッターで稼いでいる人から
助言をもらいたくて呟いてみたりしながら
ズルズル~っと1日が過ぎ、1周間が過ぎ、1年が終わります。

大げさじゃなくて本当に。

 

だから、初心者だったら今すぐ

・ツイッターを閉じる。
そもそもツイッターで得られる情報は心理満足度と高める内容のほうが多いので
実践していない人が読んで「そうかそうか」で終わるケースが多い。

・ブログに書くことを箇条書きにメモしてブログを書く
他の人がどんなことを記事にしているのか
どうすれば読者を呼び込めるかをサクッとメモしておいて
そこから一気にブログを更新する。手を止めない。
下書き保存しておいて1日1記事でも公開し続ける

・メルマガをアレコレ登録しないでさっさと解除する
大勢のメルマガを読んでいると知識が増えると思いがちだけど
必要な知識でもそんなに大量に一気に入れるとパンクするだけ。
多くても3人くらいに絞ってその教えに忠実になる。

これだけで行動力がこれまでの3倍になります。

 

初心者の稼げない一番の原因は『邪魔』です。

気が散るとか、余計な知識とか。
さらに自己満足を高めるだけの名言とか良い言葉系。

稼いでいる人は結局、泥臭いことを結構やって来ています。

ブログを書き続けて、メルマガを出し続けて
派手じゃないことを裏でコツコツコツコツとチビチビとやってます。

 

知識を求めに他人のブログを見に行くより
「この人は何書いてるのかな」と
リサーチしに行く思考になる方が成長が格段に早くなります。

例えば、

「今日はワードプレスの◯◯について解説します」という記事なら
まるっと真似をするんじゃなくて

・自分ならもっとこういう話をしてみよう
・自分はワードプレスに詳しくないから別の方向で行こう

と、判断することです。
最初はちょっと難しいかもしれませんが
他人が何を書いているのか?を知ることは勉強になります。

 

わたしが今日この記事に書いているように
「初心者がしちゃいけない10のこと」と題して
自分の失敗例を出しながら記事を書くこともできますよね。

初心者の武器はとにかく「失敗例を持っている」ことです。

稼げるようになるとそれまでの思考がガラッと変化していくので
だんだんと稼げなかった時期について忘れていきます。
初心のことをつい忘れがち。

だからこそ、自分がいま初心者なら
「こういう事をするとタイムロスになる、失敗の原因になる」
というのを自分よりも
さらにスタートの遅い読者へ対してアドバイスする記事を書く。

こういう思考回路を持つことです。

 

・稼げているから書けること
・稼げてないから書けること

それぞれが書ける記事がありますから
自信を持って今の自分を記事にしていくことです。

 

PS.

この時「だから自分は稼げなかった」と書いてもいいですが
「今月こそ1万円稼ぎます!」みたいな事は書かなくていいですよ。

自分が稼げていないことを「わざわざアピールする」必要はありませんから
読んでいる読者を不安にさせる言葉だけは使わないことです。

 

ではでは

メイコより

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top